rinen_header
商号 株式会社 第一開発
Daiichi Development Co,Ltd
設立 1997年7月24日
代表者 代表取締役 飛田 康雄
資本金 10,000千円
所在地 〒144-0051 東京都大田区西蒲田七丁目32番2号
TEL.03-5744-7277(代表)
FAX.03-5744-7278
従業員数 44名(グループ計128名) 平成27年2月現在
事業内容 ①不動産の仲介・買取・販売
②底地・借地の売買コンサルティング
③賃戸・アパートの売買コンサルティング業務
④戸建て住宅の開発・分譲
⑤宅地の造成・分譲
⑥建築土木工事の請負
⑦賃貸不動産の仲介・管理・運営・コンサルティング
⑧上記に付随する一切の業務
許可登録 宅地建物取引業 東京都知事免許(4)第75553号
加盟団体 社団法人 全日本不動産協会
社団法人 不動産保証協会
蒲田警察懇話会
流通機構 東日本不動産流通機構(東日本REINS)
全日本不動産関東流通センター(ZeNNET・Z-Reinz)
アットホーム株式会社(at home・ATBB)
取引金融機関 三井住友銀行 蒲田支店
みずほ銀行 蒲田支店
東日本銀行 蒲田支店
三菱東京UFJ銀行 蒲田支店
芝信用金庫 蒲田支店
<順不同>
在籍有資格者 宅地建物取引士(20名)
マンション管理士
ファイナンシャル・プランニング技能士
特定非営利法人日本FP協会認定AFP
賃貸不動産経営管理士
(財)住宅金融普及協会認定住宅ローンアドバイザー
定期借地借家権アドバイザー
代表挨拶

代表取締役、飛田康雄。

当社は底地・借地・貸家・共有名義などの事情により権利関係が複雑化した不動産を専門に18年間取り扱って参りました。これからの不動産市場を取り巻く環境は相続税増税・空き家問題・そして2020年の東京オリンピック開催により大きく様変わりすることが予想されます。その変化に対応するべく私どもは日々研鑽し、皆様に充実したサービスをご提供し続けることが使命と考えております。これからも皆様のご愛顧を賜れますよう、全力で努力し、社会貢献をして参りますので、よろしくお願い申し上げます。

社員行動指針

  • 1.一期一会 お客さまも、社内の人間も、ここで会ったのは何かの縁だと思い、大事にする。
  • 2.一蓮托生 我々は運命共同体にある。辛いことも難しいことも全員で乗り越えていく。
  • 3.創意工夫 アイデア、企画を常に考える。企画無くして会社の発展はない。
  • 4.先手実践 自ら積極的に、率先して行動する。
  • 5.誠心誠意 一つ一つの行動に心を込めて丁寧に行う。
  • 6.利他志向 常に相手の気持ちを考える。自分本位にならない。
収益性と保有リスクの分析

トータル的に分析。最適なご提案。

バブル経済崩壊後のわが国経済の長期低迷とともに不動産神話はすでに過去のものとなり、不動産に対する価値観も大きく様変わりしました。土地を所有していても値上がり益は見込めず、それどころか毎年少しずつ下落していく状況となっております。

現在一部の地域で地価が上昇しているところもありますが、 多くの方は下落リスクを含んだ不動産を所有し続けることになります。わが社ではこうした状況をふまえ、その収益性や保有リスクをトータル的に分析し最適なご提供しております。

市場を創るわれわれ第一開発の存在意義は「市場を創る」こと

硬直化した状況に、新鮮な風を送り込む。

わが国の土地制度は世界に類のない借地借家法を基礎として市場が形成されています。しかし、それにより近年では市場が硬直化し、さらには所有者が自由な取引すらできない状況にあります。

わが社ではこの硬直化した状況に新鮮な風を送り込み、健全でバランスのとれた不動産市場の形成および市場のさらなる発展に全力でチャレンジします。


利潤はさらなる顧客満足を達成する為のエネルギー

業界トップクラス。人材育成に励んでおります。

継続して高品質なサービスを提供していくためには優秀な人材の育成が必要です。

わが社では、業界トップクラスのサービスを提供するための人材の育成に励んでおります。利益はそのエネルギーとしてとらえ、長期的に市場の形成に挑みます。

顧客満足こそ最大の喜び

お客様に喜んでいただく、それが最高の報酬。

全社員が会社の知名度ではなく一人の人間として日々の業務に精進します。
そして、お客様に喜んでいただくことが最高の報酬であるとの共通の価値観を持って、さらなる顧客満足を追求します。

ページの上部へ戻る